受注型企画旅行

海外・国内の受注型企画旅行の企画・実施、海外旅行・国内旅行の手配​します。

台湾のサイクリング、美食オリジナルツアーを提案しオリジナルツアーを企画します。

武 嶺

3275M

武嶺牌樓.png

​ヒルクライマーの最高峰

 台湾はロードバイク生産世界一位、二位のメーカー“GIANT” “メリダ”を抱える自転車大国。カーボン製品生産において最も信頼されています。

 国土のほとんどが山で覆われたヒルクライム大国でもあり、首都台北も山に囲まれている都市で、少し郊外へ移動すると山ばかりになるためさまざまなルートを楽しめる環境です。そして一般道における東アジア最高地点3,275mを通る“武嶺(ウーリン)”は台湾のちょうど中心に鎮座していてアクセスも容易です。

​ 武嶺に行くルートは西ルート、東ルート、北ルートの3つルート、以下は各ルートの攻略法を紹介します。

イラスト山脈

   西ルート 

 獲得標高2,825m 

 

攻略法<西進武嶺>   全長55km・獲得標高2,825m

出発 台湾埔里地理中心碑

第1関門 人止関

第2関門 霧社

第3関門 台湾最高地点7-11

第4関門 翠峰

第5関門 鳶峰

第6関門 昆陽

​フィニッシュ 武嶺

台湾国土の中央に位置する埔里から北東に全長55km・獲得標高2,825mの道のりを走ります。

人止関まで全長16km、平均斜度2%。ここは平地に感じます、ポイントは飛ばさないことです。軽快なリズムを掴んで体力を温存します。

人止関を過ぎると登り初め、距離は5km、平均斜度6-8%、霧社市内まで幾つかコンビニエンスストアがあり、休憩や補給ができます。

 霧社から清境まで12km、登り800M、時折急勾配があります。清境農場の看板を過ぎてからのヘアピンカーブからは7−11小瑞士が見えてきますがこの後すぐ13%の急勾配が待っているので、ここでは止まらないで登り続けることを薦めます。3km後の最高地点7-11富嘉店で休憩するのがお勧めです。

 台湾最高地点7-11はこのルートの中間地点通過とも言えます。ここは最後の補給場になりますのでしっかりと補給を摂りましょう。標高が2000Mを超えますので、呼吸の苦しさや無力感をますます感じますが本番はここから。後半は急勾配が待っています。

​ 翠峰まで8km、平均斜度4.4%。この区間は二箇所、合計約1kmの下りがあります。この下りを利用して次の登りの助走にすれば、少しは楽になります。

 翠峰から鳶峰までは全長6km、急勾配が続きます。疲労と空気の薄さでいくら頑張っても進まない感じがしますが、森林限界を越えるときらびやかな舞台のように山々の景色が広がり、疲れを忘れ大きな喜びを感じます。

 鳶峰から昆陽まで5km。前半は斜度4,5%、後半2kmは10%の急勾配です。特に昆陽駐車場前の500Mは大魔王の15%が待っています。ここは一番諦めやすい場所ですが、駐車場前のヘヤピンカーブは撮影ポイントでもあります。多くのカメラマンが撮影していますので、いくら疲れていてもかっこいいライディングフォームで乗り越えましょう。

 全長2km、平均斜度8%。この区間台湾のサイクリストの間では天堂路(天国への道)と呼ばれています。なぜならフィニッシュの武嶺牌坊が見えるのに、なかなか辿り着かないです。
​ ここまで頑張ってきたらあと一息です。最後まで頑張ってファイトで行きましょう。

 武嶺ヒルクライムは他のどんなヒルクライムよりも登頂時の達成感が桁違いです。55km2825mという道のりにはヒルクライムの醍醐味がぎゅっと濃縮され、きっと満足していただけるライドになります。
 異国を走る特異な感覚、同じサイクリストや観光客からの声援、苦しいライドと最高な達成感の共有、そして素晴らしい絶景も忘れられない経験となるでしょう

 
イラスト山脈

   東ルート 

 獲得標高3,400m 

攻略法<東進武嶺>   全長105km・獲得標高3,400m

出発 七星潭
          0km     0M 

第1関門 太魯閣牌樓
     (タロコ牌坊)
                 18.3km  6
0M

第2関門 天祥
                 
35km  448M

第3関門 西宝
                 
46.1km 915M

第4関門 新白楊
                 64.8
km 1644M

第5関門 碧緑神木
                 79.4
km 2150M

第6関門 関原
                 90.7
km 2374M

​第7関門 大禹嶺
                 94.9km  2565M

​フィニッシュ 武嶺
                 105km 3275M

 世界最大級のサイクリングチャンネル、グローバルサイクリングネットワーク(GCN)では人生に一度必ずチャレンジすべき10コースの内に挙げられており、標高0Mの七星潭から3275Mの武嶺までは世界有名なヒルクライムコースです。

 標高0Mの七星潭から標高60Mのタロコ牌坊まで18.3km,ほぼ平地です。ウオーミングアップには最適です。

 ポイントは軽快なリズムを掴んで体力を温存します。

この区間の距離は16.7km、平均斜度2%。20km地点を越えると標高480Mの天祥に付きます。このルート唯一の7-11があるので休憩や補給でき観光客が多いです。

天祥を過ぎてから西宝までは平均斜度5.5%と少し斜度上がります。これまでがほぼ平地に近買った分、少し登りを感じると思います。

この区間全長18km、800M前後登ります。

​途中華禄渓(標高1,380M)の所に休憩できる店があります。ここで補給しましょう。真白楊前には少し急勾配がありますが長くないので、頑張ってください。標高1,644Mの新白楊までつけば、登りの約半分クリアーしとことになります。

新白楊から碧緑神木までの14km、緩斜面が多いです。この区間を利用して体力回復を計りましょう。碧緑神木は香杉(巒大杉),樹齡超過三千年,樹高約50m,樹徑3.5m,このコース中最大の神木です。KOM​大会の時にここのヘアピンカーブは一番カメラマンが集まる場所です。

碧緑神木から斜度が上がりますこの区間は11kmありますが、4.3kmの下りもあります。標高が高いのでこの下りは寒いです。一枚防寒衣を出した方がいいと思います。下り終了後にあと2kmの登りで関原ガソリンスタンドがあります。ここは台湾一番標高高いガソリンスタンドです。ここの​スタンドはお粽(ちまき)を販売しております、かなり美味しいのでぜひ食べてみてください。

関原から標高2565Mの大禹嶺まで約4.7km、大禹嶺は梨山からの北ルートと東ルートが交るポイントです。ここから武嶺に上がります。おそらくここまでの登りの緩さに感謝するでしょう。なぜならこれからの10kmはいわゆる”天堂路”天国への道と呼ばれており、わずか10kmの区間で700Mを登る過酷な試練だからです。

この区間の前半の小風口旅客ビジターセンターまでの5kmの平均斜度は8.4%、10%越える勾配も少なくないです。ビジターセンターを越えてから600M​、平均斜度13%を越える区間があります。一番の急勾配は27%です。なんとか降りないで乗り超えましょう!その後は約1kmの下りがあります。少し足を休めた標高3158Mの地点に3158cafeがあります。下りはこの辺で終了になります。最後1.5kmは平均斜度11%、最高20%の急勾配があります。
​ここまで来たら、何としても登るしかないです、だめでも押して頂点まで登りきるでしょう。

武嶺牌坊が目に入ればフィニッシュです。
​完走、おめでとうございます。

 武嶺ヒルクライムは他のどんなヒルクライムよりも登頂時の達成感が桁違いです。55km2825mという道のりにはヒルクライムの醍醐味がぎゅっと濃縮され、きっと満足していただけるライドになります。 異国を走る特異な感覚、同じサイクリストや観光客からの声援、苦しいライドと最高な達成感の共有、そして素晴らしい絶景も忘れられない経験となるでしょう

 
イラスト山脈

   北ルート 

 獲得標高4,233m 

攻略法<北進武嶺>   全長116km・獲得標高4,233m

出発 百韜橋
          0km     324M 

第1関門 南山部落
                 29.1km  1157
M

第2関門 思源啞口
                 45.3
km  1952M

第3関門 武陵農場
                 50
km 1750M

第4関門 環山部落
                 60
km 1600M

第6関門 清泉橋
             65.6
km 1480M

第6関門 梨山
             74.7
km 1930M

​第7関門 大禹嶺
                105.5km  2565M

​フィニッシュ 武嶺
                 116km 3275M

百韜橋から出発します。平均勾配3%。この区間の最初は優しいゆっくりの登りです。継光橋を越えるといくつの勾配8−9%ヘヤピンカーブで急斜面を連続していますが、道が広い、景色がいいです。

標高0Mの七星潭から標高60Mのタロコ牌坊まで18.3km,ほぼ平地です。ウオーミングアップには最適です。

全長16km、平均斜度2%。ここは平地に感じます、ポイントは飛ばさないことです。軽快なリズムを掴んで体力を温存します。

この空間の距離は16.7km、平均斜度2%、20km地点を越えると標高480Mの天祥に付きます。ここは觀光聖地、観光客が多い、西ルートと違って、ここは東にルートに唯一の7-11があります。休憩や補給できます。

天祥を過ぎてから西宝までは少し斜度上がります。平均斜度5.5%。ここまでの距離はほぼ平地に近いので、少し登りを感じるでしょうね。

この区間全長18km、800M前後登ります。

​途中華禄渓(標高1,380M)の所に休憩できる店があります。ここで補給、休憩できます。次の体力補給しましょう。真白楊前には少し急勾配がありますが長くないので、頑張ってください。標高1,644Mの新白楊までつけば、約登りの半分をクリアーでしょう。

碧緑神木から斜度が上がりますこの区間は11kmがあります。しかしこの区間には4.3kmの下りもあります。標高が高いのでこの下りは寒いです。一枚防寒衣を出した方がいいと思います。下り終了後にあと2kmの登りで関原ガソリンスタンドがあります。ここは台湾一番標高高いガソリンスタンドです。豆情報です、ここの

​スタンドはお粽を販売しております、かなり美味しいです。ぜひお試してください。

関原から標高2565Mの大禹嶺まで約4.7km、大禹嶺は梨山からの北ルートと東ルートの交流ポイントです。ここから武嶺に上がります。まだここまでの緩斜面に感謝します。なぜならこれからの10kmはいわゆる”天堂路”天国への道と呼ばれていますわずかの10kmの区間で700Mを登るのは過酷の試練を待ています。

この区間の前半の小風口旅客サービスステーションまでの5kmの平均斜度は8.4%、10%越える勾配も少なくないです。サービスステーション越えてから、600M​続く平均斜度13%を越える区間があります。一番厳しいヘヤピンカーブは27%になります。なんとか降りないで乗り超えましょう!その後は約1kmの下りがあります。少し足を休めるかもしれません。
標高3158Mの地点に3158cafeがあります。下りはこの辺で終了になります。最後1.5kmは平均斜度11%、最高20%の急斜面もあります。
​ここまで来たら、何としても登るしかないです、だめでも押して頂点まで登りきるしかないです。

武嶺牌坊を目に入った時にはフィニッシュです。


​完走、おめでとうございます。

 武嶺ヒルクライムは他のどんなヒルクライムよりも登頂時の達成感が桁違いです。55km2825mという道のりにはヒルクライムの醍醐味がぎゅっと濃縮され、きっと満足していただけるライドになります。 異国を走る特異な感覚、同じサイクリストや観光客からの声援、苦しいライドと最高な達成感の共有、そして素晴らしい絶景も忘れられない経験となるでしょう

台湾KOM太魯閣国際ヒルクライム

download.jpg

武 嶺

3275M

​ヒルクライマーの最高峰

標高0メートルからスタートし、約90.5kmで標高3275mの武嶺まで登るダイナミックなコース設定。

頂上10km手前で一度下ってまた上るため、獲得標高差は3620mにものぼるという世界有数の難易度を誇るヒルクライム大会だ。